カプラーやコネクターの通電を確認するために検電テスターの先を削った

車いじりで電装品を後付けするときの必須項目としてACC(アクセサリー)電源を探すというのがありますが、エーモンの検電テスターの先っぽは太くて丸みがあるため、ギボシ端子やヒューズボックスなど接点が大きければ問題ないけどカプラーやコネクターの小さい穴とかは挿すことができないので確認ができません。そこでグラインダーで鉛筆を削るようにして先を細くしてみました。


作業自体はなんてことありません。


これでカプラーやコネクターもバッチリ通電の確認ができます。



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください