生すじこから塩筋子を作ってみる



サケの卵を「すじこ」と言い、それをほぐしたものを「イクラ」と言いますが、イクラとはロシア語で魚卵全般のことを言うそうです。日本語ではマスの卵を「マスコ」と言ったりニシンの卵は「数の子」と言ったりと区別しますがね。

筋子が昭和50年代に関東で一般的な食べ物だったか知りませんが、うちでは子供の頃から筋子をよく食べていました。そういや明太子も今じゃふつうに売ってるけど昔はタラコのほうがメジャーだったような。何はともあれ大好きな筋子を手作りしてみました。自家製なら塩加減も自分好みに合わせられておいしいですよ。



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA