ガスボンベ置き場の錆びたスチール扉をローバルアルファで塗装



ガスボンベ置き場のスチール扉を強力なさび止め効果とめっきに近い光沢感があるという「ローバルアルファ」で塗装してみました。

錆びはそうでも無さそうだけど塗膜がボロボロに剥がれています。


本当は電動工具を使って塗膜を全部剥がしたいのだけど時間と電気がないため、ワイヤーブラシで強くこすって誤魔化します・・・。あとで思ったけど床に新聞でも敷いておいたほうが後が楽かも。塗料が垂れてもちょっとなら床に不着しないで済むしね。


めっきに近い光沢感というのは大袈裟にしても「ローバルアルファ」の防錆効果は絶大です。


刷毛で塗ったからか塗膜が厚いからか古い塗膜が残ってる部分があって凸凹してるのに思ったほど気になりません。


ただ「ローバルアルファ」の公式サイトの素地調整に次のように記されています。「ブラストまたは動力工具を使用して、水分・油分・黒皮・さび・旧塗膜を除去し、清浄な金属面を露出させます。」
そして禁止事項として次のように記されています。

  • さびの上から塗らないでください。
  • 旧塗膜の上から塗らないでください。
  • プライマーを使用しないでください。

今回は適当な素地調整で塗ってしまったけどどのくらいもちますかね・・・。


DIY 修理や自作をするための工具と知識



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA