木工パテで化粧板の補修をしました

床下収納の蓋が楽に開けられるように、食器棚と床との間にスペーサーを入れて食器棚を浮かせそうと思ったんだけど、重さが60キロほどある食器棚をテコの原理で浮かせた際に角を破損させてしまいました・・・。写真のとおりスペースができて蓋の開閉自体は楽になったのですがね。とりあえず木工パテを盛っては削ってを繰り返します。


余計な場所を削らないように養生テープで保護しました。


今回みたいに傷が深い場合は薄く盛っては乾燥させて表面を削るを繰り返したほうがいいかと。一発で決めようとするとなかなか木工パテが乾燥しないし上手く盛れません。


当初は木工パテで成形後、化粧板に似たシールを上から貼るつもりでしたが、思ったほど気にならないので暫くこのままにしておくことにしました。


上から見るとまったく気にならないです。


DIY 修理や自作をするための工具と知識



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください