20171008 秋晴れの栗山川でハゼ釣り



今日は9時過ぎから中学の同級生2人とハゼ釣り。前日の雨の影響で川が濁っています。最初に入った場所は小さな羽虫の猛攻で釣りどころではない状況。それでも同級生に一投目からハゼが釣れ、自分もあたりがあったからいい1日になりそうな予感。でもそれからはさっぱりで僕は流れのない浅い場所に移動してからポツポツと言った感じ。なんかいまいちなんでみんなで移動を繰り返しました。


河口の屋形橋付近は公衆トイレがあり足場が整備されているのでファミリーをはじめ多くの釣り人がいました。僕はここでマゴチを釣ったことがあるけど地元の人から聞いた話ではヒラメも釣れるとのこと。シーバスも結構釣れてるそうです。ここから上流に向かって木戸大橋までは足場も良くファミリーでハゼ釣りをするには良いかと。もう少し上流に行くとアシが生えて淡水域に変化します。さらに上流の横芝堰までは干満の影響を受けます。今日の僕たちは河口から横芝堰までハゼが集まっている場所を釣り歩き(車で)ました。


いまいちな状況の中、ハゼが溜まってる場所を当てて挽回。15時頃までに3人で80匹ちょっと釣れました。型はいまいちで10センチ以下が大半でした。


面倒だなと思いつつ毎回一生懸命捌いてます。


片栗粉を塗して揚げたハゼ。塩を振って食うのがシンプルで旨いんだけど子供は喜ばないかな。うちは子供の頃はソースをかけて食べてました。今でもたくさん食う時はソースをかけて食べます。


こちらは市販の唐揚げ粉を塗して揚げたもの。骨ごと揚げるからどうしてもゴリゴリしちゃいます。味付けをヘビーにすることで骨っぽさを誤魔化せるし個人的にはこれはこれでいいんだけど、やっぱり面倒でも松葉おろしにして天ぷらにするほうが家族に喜ばれるでしょうね。


小物釣り



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA