20181111 根木名川流域で小魚釣り

朝晩は冬の格好じゃないと寒いけど日差しが出ている日中は汗ばむくらいの陽気です。根木名川本流や支流ではバサーの姿が見られるけど僕みたいなホソで小物釣りをしている人は見かけません。


3投目にさっそくひったくる様なあたりで小さなモロコが釣れました。(モツゴに見えたんだけどなあ)


小さなモロコやモツゴ(クチボソ)に混じって小さなコブナも釣れました。


今日一番の良型モロコ。釣った時はモツゴに見えたんだけどこうやって写真で見るとモロコかな。モツゴって頭部が尖っていて口が上向きで側線が黒くはっきりしてれば一発でわかるけどそうじゃない個体もいて迷うことがある。まあモロコはヒゲがあるからそれで区別できるんだけど。


今日一番の良型コブナ。僕は魚の名前はカタカナで書くけどコブナは小鮒と書きたくなる。なんでだろう?


これはヤマベ(オイカワ)の稚魚かと思われます。今日は適度なペースで小魚が釣れて夕方暗くなるまで楽しみました。


小物釣り



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください