黄ばんだヘッドライトレンズをピカールで磨く



01

前回、ヘッドライトを磨いたのはブログのアーカイブで確認すると2年前。その前は1年半前にヘッドライトクリーナーで磨いた記録が残っています。(こちらはホームページに記載)どちらも霧吹きを吹いた痕のような傷や曇りは取れなかったけど黄ばみは取れたので満足していました。それなりに頑張ってゴシゴシと磨いての結果だしね。でも手作業での限界を感じたし3回目なので、今回はポリッシャー用のスポンジにピカールを染み込ませてドリルに装着して研磨をしました。


02

マスキングをしたところ。このフィットのヘッドライトレンズは砂を当てたような細かい傷と塗料が垂れたような痕があります。(表面は手で撫でても凹凸を感じないし内側なのかなあ?)前オーナーさんも何かしらのメンテナンスをしたのかもしれません。


03

黄ばみに関しては今までどおり難なく落とすことができました。でも傷は完全には消えません・・・。左右のヘッドライトレンズを比べると黄ばみの落ち具合はわかってもらえるかと思いますが。


04

しつこくピカールとポリッシャー代わりのドリルで磨き続けた結果ここまで透明感が蘇りました。


05

写真で見る限りではいい感じじゃんと思われるかもしれませんが、近くでみるとまだまだです・・・。途中、細めのコンパウンドで取れた傷があったので、粗いコンパウンドで思い切って削ったほうがいいかもしれませんね。でも今回はここまで。情報とアドバイスを受けてから再チャレンジしようと思います。


ホンダ フィット GD1 メンテナンス帳



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。