iVIS HV20 汎用バッテリーの交換と選び方



2007年3月3日にiVIS HV20が発売されて今年で8年が経ちました。使用頻度は人それぞれですが経年劣化もあるのでほとんどの方のバッテリーは持ちが悪くなっていると思います。僕はすでに4年前に汎用のバッテリーに交換済みですが、その汎用バッテリー達も寿命がきたようなのであらたに汎用バッテリーを購入しました。本当は純正バッテリーを買いたいのだけど値段が違いすぎて僕には手がでない・・・。

Canon 純正バッテリー使用時の時間 ※録画モード HDV/液晶画面/標準輝度
NB-2LH 720mAh 連続撮影時間:65分 実撮影時間:35分
BP-2L13 1,200mAh 連続撮影時間:115分 実撮影時間:70分
BP-2L14 1,450mAh 連続撮影時間:140分 実撮影時間:80分


01

汎用バッテリー
上が7.2V 1,000mAh、下が7.4v 2400mAh。


02

汎用バッテリー 7.2V 1,000mAh
コンパクトで安価だけど、電圧が純正バッテリーより0.2V低いせいか動作不良を起こすことがあります。(電圧が原因かは断定できませんが)そして実撮影時間が720mAhの純正バッテリーより短く感じます。HV20に付属の1,200mAhと比べるとかなり短く感じるかも。


03

汎用バッテリー 7.4V 2,400mAh
1,200mAhの純正バッテリーの倍の容量なのでサイズもほぼ倍で後方にはみ出しています。このバッテリーではファインダーを覗くことができないので液晶画面を見ながらの撮影となります。充電回数とかで純正バッテリーより劣る面があるかと思うけど値段を考えればこの汎用バッテリーを使うのもありかなと思います。



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA