WordPress 過去に投稿した記事の内容を一括置換することができるプラグイン Search Regex



WordPressの全投稿記事の画像サイズを簡単に一括変更するには

作成したホームページのすべて、または一部のページ(ファイル)内の指定した文字を別の指定した文字に一括で変換して置き換えたい場合、ホームページ作成なら「TextSS」という複数のHTML&テキストファイルを一括置換するソフトが重宝しますが、WordPressなら過去に投稿した記事の内容を一括置き換えしてくれるプラグイン 「Search Regex」が便利です。

200

[プラグイン][新規追加]で「Search Regex」を検索しインストールします。


201

有効化して完了。


202

[ツール][Search Regex]で起動。


203

英語が苦手でも大丈夫です。


204

今回は作成した別サイズのサムネイル画像を全投稿記事で表示させるため、全投稿記事の赤枠の文字を変換してみます。


205

記事の本文のソースを変換するので「Source」は[Post content]を選択(デフォルト)、

  • Comment author:コメントの名前
  • Comment author email:コメントのメールアドレス
  • Comment author URL:コメントのURL
  • Comment content:コメントの内容
  • Post content:記事の本文
  • Post excerpt:記事の抜粋
  • Post meta value:記事のカスタムフィールド
  • Post title:記事のタイトル
  • Post URL:記事のURL

「Limit to」は変換する上限数ですが普通は全部置き換えると思うので[No limit]を選択、
「Order By」は並べ替えの方法ですがここもデフォルトの[Ascending]を選択。

そして「Search pattern」に検索文字「300×225.jpg」を、「Replace pattern」には置き換え文字の「480×360.jpg」と入力して「Replace&Save」ボタンをクリックすると、検索と置き換えが行われます。

※「Search」ボタンをクリックすると「Replace pattern」に入力した文字の検索、
※「Replace」ボタンをクリックすると置き換えた場合を表示します。

なお検索で正規表現を使用する場合は「Regex」のチェックボックスをONにして下さい。
例えば「Search pattern」で「(僕|俺|自分)」とし、「Replace pattern」に「私」とすると、
僕,俺,自分のどれかの場合、私に置き換えられます。


206

「width=”300″ height=”225″」も「width=”480″ height=”360″」に置き換えます。


207

全投稿記事のサムネイル画像が480×360のサイズで表示されるようになりました。



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。