カラーボックスの棚板の歪み 割れの修理


テーブルの上にカラーボックスを並べておいていたのですが、底板がテーブルからはみ出しているのに、重いものをカラーボックスの棚に置いていたら底板が重量に耐えられず歪んで割れてしまいました。

01

割れてしまった底板。カラーボックスの棚板は1枚もののMDFかと思いきや、写真のとおり空洞・・・。これじゃあちょっとした本を置いただけで歪むかと。次から買うときは耐重量を確認したほうがいいかもね。


空洞です。


02

手持ちの木材をカットしてからルーターで裏板を嵌める溝を掘ります。


03

できたらクランプで仮止めし、ネジ用の下穴を開けます。


04

そしてネジを締めて完了。ネジ穴を隠していたシールを剥がしたせいで白く下地が見えているところは、100円ショップなどで売ってる傷隠しクレヨンとかタッチペンみたいなので誤魔化せます。でも今回修理したカラーボックスは目立たない所に置いているし底板を下側にひっくり返すので目立たないから何もしません。


DIY 修理や自作をするための工具と知識



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください