20150823 利根川 常陸川 アメリカナマズ釣り

ブログで釣り日記を始める前のことになりますが、ウナギ釣りに行くと外道でアメリカナマズがよく釣れました。そういうこともあって自分が知っている中では簡単に釣れる大きな魚と言えばアメリカナマズ。50センチを超えるサイズがポンポン釣れたりもします。今日はハゼを釣るつもりでしたが強風であたりがとれないし、ニゴイ2匹、ハゼ1匹を釣ったあとはアメリカナマズだらけだったので途中からアメリカナマズ用に仕掛けを変更しました。

01

かもめ大橋から上流はアメリカナマズの数が増えます。ハゼの生息域は河口から利根川河口堰よりもっと上流の小見川大橋の上流域まで。


02

利根川での釣りに飽きたのと強風を避けるため常陸川に移動して再開。1投目から40センチオーバーのアメリカナマズです・・・。しばらく大型が続いた後、良型のハゼっぽいあたりと引き。でも釣れたのは15センチ弱のアメリカナマズ・・・。いままで小さいアメリカナマズを釣ったことがなかったけどしっかり繁殖していますね。というか常陸川ではアメリカナマズしか釣れませんでした。ハゼもいるはずなんだけどね。


03

アメリカナマズの引きは重量感はあるけど比較的素直に寄せることができます。でも寄せてからの抵抗は相当なものがあるのでご用心を。


04

アメリカナマズは外来生物法で指定された魚なので生きたまま運搬することが禁じられているので注意が必要です。詳しくは日本釣振興会の外来生物法とはのページを参考にしてください。


05

大きいのは怖いので小さいのを選んで持ち帰り、フライにしてタルタルソースをたっぷりかけて食いました。皮を引けばふつうに白身の魚として食べられます。

なお、原発事故によって霞ヶ浦北浦及び外浪逆浦並びに常陸利根川(常陸川水門上流)のアメリカナマズ(天然)は国の出荷制限指示になっており出荷・販売等が規制されています。

下記リンク先を見る限りでは、自分で釣ったアメリカナマズを自家消費することは法的には問題ないようです。ただし規制値を超えて汚染されている個体があるのも事実です。食べるか食べないかは各種情報を見てご自身で判断してください。(水産物の放射能検査は頻繁に行われ公表されています)また敏感な問題なので家族友人知人に食べさせることは止めておくべきかと思います。

千葉県:利根川で釣りをする皆様へのお知らせ
茨城県:川や湖沼で釣りなどをするには
水産庁:Q. 10 自分が釣ってきた魚を食べてもよいか、どのように判断すればよいでしょうか。


小物釣り



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください