20170301 印旛沼で早春のクチボソ釣り

印旛沼の風はまだ冷たいものの日差しは徐々に強くなり気の早い多くのヘラ師やバサーが釣りをしています。こちらみたいに雑魚釣りをしている人は殆ど見かけず。雑魚と言ってもクチボソとモロコが殆どでマブナやタナゴは釣れないんですけどね。


一投目からモゾモゾとあたりがありテンションが上がります。数投後掛かったのはヨシノボリ。続いてクチボソが釣れました。


このサイズなら針に掛けるのはそれほど難しくはありません。時期的にあたりは小さいけどね。


マブナもタナゴも印旛沼ではごく一部でしか釣れません。もう少し暖かくなるとクチボソ、モロコ、ワタカ、ヤマベが釣れだします。


小さなヨシノボリ。


クチボソよりはモロコのほうが引きが強いような。


このサイズ以下だと竿を上げても針が掛かってないことが多くポロポロ落ちてしまいます。それにしても今日は思ったより数が釣れて楽しかった。そういやブルーギルが1匹も釣れなかったなあ。


小物釣り



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください