トレボンを散布してケムシ退治


去年毛虫に葉っぱを食い荒らされ丸裸にされた椿の木。若葉が出てくるつい最近までは痛々しい姿でしたがこの陽気で一気に元気を取り戻しました。今年もそろそろ散布しようかなと思っていたところ、1匹毛虫を見かけたので、急ぎ本日薬剤を散布しました。

IMG_0002

ちなみにツバキは春に花を咲かせ、サザンカは秋に花を咲かせるそうです。でも交雑が容易でいろんな呼び名があるうえ見分け方もいろいろ・・・。とにかくチャドクガの幼虫(ケムシ)はこの油っぽい艶々の葉っぱが大好きです。


IMG_0001

去年の毛虫の大発生を機に購入した散布道具。殺虫剤のトレボンは2000倍以上に希釈します。2000cc(2リットル)の水にトレボン1cc(1ミリリットル)。去年希釈する時に混乱したけど、2リットルのペットボトルにたいし1cc(スポイトの1目盛り)だけトレボンを混ぜればOKです。これだけでいいの?と思うところですが、規定以上に濃くすると毛虫以外の動植物や人体に影響が出かねませんので薄め薄めで散布したほうがいいかと思います。効かなければ再散布すればいいだけのことです。



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください