内玄関照明をアイリスオーヤマ LED 30形 丸型蛍光灯 LDCL3030SS/N/23-Cに交換

内玄関用照明をサークル型蛍光灯からサークル型LEDに交換しようと思います。


この照明は30形1灯式です。ブレーカーを落としてカバーを外しました。


蛍光灯とグローランプを外します。


この照明のベースは中央のつまみを回して取ることで脱着ができるようです。


外せました。引掛シーリングが割れていました・・・使用上は問題無さそうですが。


今回購入したアイリスオーヤマ LED 丸型 (FCL) 30形+30形 昼白色 リモコン付き シーリング用 丸型蛍光灯 LDCL3030SS/N/23-C
1灯で30形蛍光灯2個分の明るさだそうです。

サークル型のLED電球はあまり売っていません。10年くらい前にサークル型のLED電球が出たての頃に中国製のを買いましたが砲弾型のLED200個くらいを点灯させるものだったのでブツブツに見えて見た目も良くないし長持ちしませんでした。アイリスオーヤマのは安定器(?)付きで全面発光タイプなので購入してみました。


箱みたいのが邪魔だけどここで交流から直流に変換したうえで電源を安定させていると思われます。


3種類のランプ接続用コネクター。このうちのどれかに適合していればOK。


既存照明の給電は引掛シーリングなので余計な物は全て外してしまいました。


これなら安定器の取り付けも楽です。


新品のアイリスオーヤマ LED 丸型電球 LDCL3030SS/N/23-Cを装着。安定器とコネクターの位置はこんな感じにしました。


左側が既存の引掛シーリングで右側がアイリスオーヤマの接続用コネクター。


アイリスオーヤマの付属の引掛シーリングは使えないので既存の引掛リーリングにアイリスオーヤマの接続用プラグを移設。


これで既存の照明器具にアイリスオーヤマのサークル型LED電球が装着できます。


既存の照明器具を組み戻します。


給電側のプラグと安定器側のソケットを接続。


点灯テスト。


今まで30形1灯の蛍光灯だったのが2灯分の明るさになってすごくいい感じです。


取り付けにちょっと苦労しましたが満足です。


DIY 修理や自作をするための工具と知識



nazotoki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください